« 野村紘一氏が運営する会社の特徴を判決! | トップページ | 野村紘一氏が都心の不動産の販売にこだわる理由と判決のこと »

2018年9月 7日 (金)

野村紘一氏が不動産業界に与えた影響について判決してみます

現在の日本では東京だけでなく大阪や名古屋など各地で高級マンションがブームとなっており、1億円を超えるような物件も頻繁に取引が行われています。超高級マンションが日本で登場したのは1975年で野村紘一氏が原宿において手掛けた物件が最初であり、その後の日本中にマンションブームが巻き起こりました。多くの日本人はマイホームを持つことを目標としていますが、特に東京などの一等地にある高級マンションは憧れの存在です。野村紘一氏が1億円を超える高級マンションを手掛けていなければ、日本の不動産業界のあり方は全く違ったものになっていたと考えられます。第二次世界大戦より前の日本では住宅を賃貸するのが一般的でしたが、戦後になるとマイホームを持つことがステータスとされるようになります。さらに野村紘一氏が超高級マンションをプロデュースすることで、現在では東京などの一等地にマンションを持つことが成功者の証と考えられるようになりました。
野村紘一氏が手掛ける高級マンションはたんに価格が高いだけでなく都心の一等地にあるため利便性が優れており、安定した資産価値を持っています。不動産は株式や通貨などと比較すると流動性がありませんが、安定した家賃収入を得ながら値上がりの時期を待つことができるという特徴が存在します。野村紘一氏の運営する会社ではマンションの開発や分譲を手掛けるだけでなく、管理や賃貸などについても総合的なサポートを行っています。自社でインテリアコーディネートも行っており、リフォームや内装工事の他に警備やセキュリティなどについても相談することができます。自分で住むためにマンションを購入するケースも多く見られますが、賃貸をして安定した収益を得るために購入する人もいます。判決を考えると、同氏の会社には様々な目的で不動産を購入する顧客が存在しており、それぞれの顧客からの要望に対応できる体制を整えているので安心です。資産価値の高い優れたマンションの購入を希望しているのであれば、総合的なサポートを受けられる同氏の会社に相談するとよいでしょう。

« 野村紘一氏が運営する会社の特徴を判決! | トップページ | 野村紘一氏が都心の不動産の販売にこだわる理由と判決のこと »