« 野村紘一氏が考える住まいの概念、判決すると | トップページ | 野村紘一氏が都心の景観を変化させたという判決 »

2018年8月 4日 (土)

判決!野村紘一氏が街を変えた土地開発とは

土地開発を大きく進歩させたのが野村紘一氏であり、都心に相応しい住宅事情を実現しました。都心で生活したいと考えていても、肝心の土地がなければ困難です。建物は土地のない場所には建設できないからです。だからと言って土地を増やすことは困難で、埋め立て地を作るにしても多大な費用がかかり、費用対効果は悪くなってしまうでしょう。そこで野村紘一氏は土地を増やすのではなく、土地を有効活用しようと考えたわけです。
そうなれば一戸建てからマンションへのシフトを求められてきます。当時はまだ高層マンションは存在せず、初の億ションであるアルテカのベルテシリーズも低層階でした。それから時代は流れ高層階マンションが次々と誕生しましたが、上に伸びていくほど不便も生じてきたのです。マンション内を移動するには時間がかかりますし、家具の運搬作業も簡単ではないでしょう。都心は土地が少ないですが、それでも一戸建ての快適性は捨てがたいという人のために、野村紘一氏は低層階マンションを誕生させたのです。
人が集中する場所は周辺施設が充実し、生活の利便性が格段に高くなります。モノやサービスは人のいるところに集まる性質がありますので、これは必然的なことです。地域が活性化する要は不動産であり、不動産業界が元気になれば街や人々の暮らしが劇的に進歩するのです。東京都心は今でこそ利便性が非常に高いですが、40数年前はそうではありませんでした。現在と比較すると不便を強いられることが多く、その不便を解消するために野村紘一氏が立ち上がったのです。
もちろん野村紘一氏は立地条件に加えて、建物自体の利便性向上にも余念がありません。毎日の生活の場になるからこそ不便を感じてはいけないと考えています。都心にマンションを建設する理由はアクセスが優れているためで、さまざまな施設に短時間で移動できます。これは時間の大幅な節約につながり、時間を有効活用することになるのです。アルテカの物件は数千万円を超えるものが多く、判決としてそれに応じた付加価値がつけられています。

« 野村紘一氏が考える住まいの概念、判決すると | トップページ | 野村紘一氏が都心の景観を変化させたという判決 »