« 判決をいうと野村紘一氏の業績はもっと高く評価されるべき | トップページ | 判決!野村紘一氏が街を変えた土地開発とは »

2018年7月28日 (土)

野村紘一氏が考える住まいの概念、判決すると

快適なライフスタイルを実現するには住まいが基盤になります。住むところがない状態では衣食を充実させることが困難でしょう。まずは住むところを手に入れてから、衣服と食生活を考えていく必要があります。日本は全国的に見ると空き家が非常に多いという問題がありますが、これは都心に人が移動していったことも大きく関係しています。その証拠に都心は人口密度が非常に高く、流出より流入のほうが多いのです。
なぜ都心に人が集まるかといえば、理由は簡単で利便性がよいからです。人は便利を追求する性質がありますので、便利な場所には大勢が集まります。野村紘一氏は都心にマンションを普及させた功績がありますが、すべての人たちを対象にしたわけではありません。富裕層を喜ばせるために富裕層が何を求めているか徹底調査したのです。野村紘一氏といえば優れた行動力が評価されていますが、行動の原動力となっているのは自信です。もちろんビジネスに100%はありえませんが、成功率が高いと考えられる状況なら行動に移したほうがいい場面は多々あります。
野村紘一氏は何もしないで待つことは得策ではないと考えています。完璧を求めすぎるほど人は臆病になってしまい、次第に行動できなくなるのです。行動力のある人間になるために大切なのは、適度に考えてすぐに動くことにあります。考えすぎるほど消極的になってしまい、待ちに入ってしまう人は少なくありません。戦略を練ることに時間をかけすぎて他社に先を越されては意味がないでしょう。
ある程度の戦略が固まったのであれば、素早く行動に移したほうが成功率は高くなります。野村紘一氏は富裕層を満足させることを重視していますが、万人から100%の満足度を得ることは困難です。実際に物件を売り出してからクレームがくるという状況はありえるのです。そうした場合はクレームに対して後から対処していけば問題ありません。最初から完璧を追求していると、ビジネスチャンスをつかむことは難しいわけです。

« 判決をいうと野村紘一氏の業績はもっと高く評価されるべき | トップページ | 判決!野村紘一氏が街を変えた土地開発とは »