2018年9月14日 (金)

野村紘一氏が都心の不動産の販売にこだわる理由と判決のこと

野村紘一氏はバブル期に都心に住むことを推奨し、そのための様々な物件を効果的に販売したことによって現在の都心のマンションブームや住宅ブームを作り上げた先駆者と言われています。特にバブル期は都心の土地の価格が非常に高騰しており、いわゆる地上げなども発生していた時代であったためなかなかその場所に住むと言う事は出来ませんでした。また実際に様々な物件が販売されても投資目的で購入する人が多く、そのために高級住宅街は実際にはゴーストタウンのような状況となっていることも多かったのです。しかし、野村紘一氏は都心の様々な地域は交通インフラが発達しており施設も充実していることから生活環境が非常に整っており、その環境を効果的に利用することで最高の住環境が得られると考えていました。
しかし、当時の都市の状況は都心部には企業のオフィスが乱立し、その土地の価格が高いことをステータスにしていた風潮もあったのですが、そのために通勤環境は劣悪なものとなっており、これも大きな改善の余地があると野村紘一氏は考えていました。
その中で都心の住環境を盛り上げるためには富裕層にアピールすることで高い効果が得られると考えており、この富裕層に受け入れられるためにさらに様々な付加価値をつけることでその優越感を煽る戦略を打ち出しました。これが当時億ションと言われたベルテシリーズであり、その当時はあまりの高額な価格設定にほとんど売れないのではないかと言う意見もありましたが、実際に発売をしてみるとそのほとんどが即日完売と言う大人気となったのです。その理由は富裕層のステータス意識を刺激したことと、当時はなかなか住むことができない都心に住むことが富裕層の満足感を得ることにつながったと考えられます。
野村紘一氏のこれらの戦略は都心に住むことが多くの人の憧れとなる流れを生み出し、その流れが現代にまで引き継がれています。最近でも都市部のマンションの人気は非常に高く、販売されると即完売と言う状況になっているのは野村紘一氏の功績であると考えられます。
ところで先日初めて裁判の傍聴に行ったのですが、傍聴側なのにとても緊張しました。一番緊張したのは判決の場面です。息を飲むくらい緊張しました。

2018年9月 7日 (金)

野村紘一氏が不動産業界に与えた影響について判決してみます

現在の日本では東京だけでなく大阪や名古屋など各地で高級マンションがブームとなっており、1億円を超えるような物件も頻繁に取引が行われています。超高級マンションが日本で登場したのは1975年で野村紘一氏が原宿において手掛けた物件が最初であり、その後の日本中にマンションブームが巻き起こりました。多くの日本人はマイホームを持つことを目標としていますが、特に東京などの一等地にある高級マンションは憧れの存在です。野村紘一氏が1億円を超える高級マンションを手掛けていなければ、日本の不動産業界のあり方は全く違ったものになっていたと考えられます。第二次世界大戦より前の日本では住宅を賃貸するのが一般的でしたが、戦後になるとマイホームを持つことがステータスとされるようになります。さらに野村紘一氏が超高級マンションをプロデュースすることで、現在では東京などの一等地にマンションを持つことが成功者の証と考えられるようになりました。
野村紘一氏が手掛ける高級マンションはたんに価格が高いだけでなく都心の一等地にあるため利便性が優れており、安定した資産価値を持っています。不動産は株式や通貨などと比較すると流動性がありませんが、安定した家賃収入を得ながら値上がりの時期を待つことができるという特徴が存在します。野村紘一氏の運営する会社ではマンションの開発や分譲を手掛けるだけでなく、管理や賃貸などについても総合的なサポートを行っています。自社でインテリアコーディネートも行っており、リフォームや内装工事の他に警備やセキュリティなどについても相談することができます。自分で住むためにマンションを購入するケースも多く見られますが、賃貸をして安定した収益を得るために購入する人もいます。判決を考えると、同氏の会社には様々な目的で不動産を購入する顧客が存在しており、それぞれの顧客からの要望に対応できる体制を整えているので安心です。資産価値の高い優れたマンションの購入を希望しているのであれば、総合的なサポートを受けられる同氏の会社に相談するとよいでしょう。

2018年8月30日 (木)

野村紘一氏が運営する会社の特徴を判決!

野村紘一氏の運営する会社は単にマンションの開発を手掛ける不動産デベロッパーではなく、様々な事業を展開している総合的な企業です。不動産の総合企画だけでなく分譲マンションの販売や仲介や賃貸の他にも、インテリアコーディネートやリフォームなど何でも相談できます。
野村紘一氏は日本で最初に1億円を超える高級マンションを手掛けたことで知られており、同氏がプロデュースした超高級マンションがきっかけとなってブームが起きています。野村紘一氏は日本の不動産業界のあり方を大きく変える重要な業績を残した人物であり、多くの人々から尊敬を集める存在です。現在でも野村紘一氏が起こした高級マンションブームは続いており、東京だけでなく大阪や名古屋など日本各地でマンションが建設されています。同氏が超高級マンションを手掛けるまでは日本においてマンションはそれほど価値のある存在ではありませんでしたが、現在では多くの人々が憧れる存在です。東京などの一等地に建てられたマンションは社会的なステータスを象徴しており、1億円を超える物件も数多く取引されています。
不動産投資を行うと株式などに投資する場合と比較して、リスクを抑えてある程度のリターンを得ることができるというメリットがあります。マンションなどの不動産にも市場価格があり需要の変動に応じて価格も変化していますが、優れた物件には価格が安定しているという特徴が存在します。東京などの一等地に建てられた利便性の高い物件は人気があるため、価値が失われることがなく安定した資産運用ができます。まとまった資金が必要な場合には値上がりの時期を待って売却することができ、自分で使わない場合は他者に賃貸して家賃収入を得ることも可能です。野村紘一氏が運営する会社ではマンションを開発するだけでなく、購入後の管理や賃貸などについても総合的なサポートを行っています。私の判決では、顧客の状況に応じて経験豊富なスタッフから手厚いサポートが受けられるので、安心して高級マンションを購入できます。

2018年8月23日 (木)

マンションで成功した野村紘一さん。判決は?

不動産業界の野村紘一さんといえば、株式会社アルテカの代表で、名前は知らなくてもある有名な商品で知られています。
その商品は超高級な億ションで、今では大人だけでなく子供の間でも定着している言葉です。野村紘一さんはまさに、この億ションの火付け役といえる存在で、市場を開拓したり超高級マンションを定番商品にした人物です。超高級マンションを開発、販売した1975年頃は、都内でも不動産の平均価格は1千万円台で、3千万円や5千万円でも破格といわれていた時代です。今から遡って45年ほど前ですが、当時は誰も1億円のマンションが売れるとは考えていませんでした。つまり、高くて売れる見込みがないからこそ、不動産市場に億ションはなかったわけです。
ところが野村紘一さんは当時の常識を覆すかのように、1億円もの価格のマンション販売に乗り出しています。売れない、あるいは高過ぎるといった声もありましたが、潜在的なニーズや富裕層の母数の増加を見通して、億ションの販売を決めました。超高級マンションは価格で注目を集めましたが、購入が見込まれるターゲット層の間では、付加価値が興味を引くことになります。興味はやがて問い合わせや購入の相談に繋がり、1億円のマンションは商品開発をした本人も驚くほど売れました。超高級マンションは、一戸売るだけでも簡単ではありませんが、次々とブランド化する勢いで販売に成功しています。
野村紘一さんの成功は、株式会社アルテカの安定経営に結びつき、多種多様な住宅や商業施設開発、土地活用事業に役立ってきた実績があります。事業の成功というのは、経営者なら不動産に限らず誰もが一度は夢見るものです。
しかし大抵は満足して終わってしまったり、勢いが衰えて時間の経過と共に存在感が薄れていきます。その点、野村紘一さんは成功は成功として、直ぐに次のニーズを発掘したり商品開発に取り組み始めるところが、他の多くの経営者と違います。判決をいいますと独自の販売と開発のサイクルを続けることで、約45年代表を務める企業は経営が安定していますし、今後も不安を感じさせないのが凄いです。

2018年8月17日 (金)

判決の話と野村紘一さんの会社は風通しが良さそうという話

私は今就職活動をしている学生ですが、あろうことか逆転裁判に夢中で困っています。毎回の判決のことで頭がいっぱいです。
そんな私ですが、行きたい業界がほぼ決まっています。それは不動産業界です。住宅やビルなどをつくって販売するような、そんな仕事に就きたいと考えています。衣食住なんて言われるように、住宅は私達人間にとって必要不可欠なものではないでしょうか。そんな住宅をつくったり販売したりできるような仕事に携わることができれば、やり甲斐を感じられると思います。
ただ、自分はありきたりな住宅を販売するのではなくて、もっと自由に斬新な新しい住宅を販売できるような会社に就職したいと考えていました。そういう方針であちこちの企業の情報収集をしていたら、これはと思うような会社が1つ見つかりました。それは野村紘一さんという方が経営している総合不動産会社です。この会社は、日本初の億超えマンションをつくったり、等価交換方式という斬新な土地活用法をはじめたり、ガラス張りの超高層商業ビルをつくったりするなど、今までにない新しい不動産を次々と生み出している先進的な会社です。
今も最新のコンシェルジュサービスのあるマンションを提供したり医療機関と提携したリゾート開発など、ユニークな取り組みを多数行っており、私はとてもこの会社に興味を惹かれました。野村紘一さんの会社は、「出る杭は大歓迎」という社風だというのも素晴らしいと感じています。日本の企業は、「出る杭は打たれる」というところがほとんどではないでしょうか。あまり目立つようなことをすると、嫉妬されて潰されるというようなことが多いでしょう。これは会社に限りません。学校などでもそういう風潮はあります。こういう風潮ははっきり言って日本人の弱点ではないかと思います。日本の会社からは時代を先駆けるようなオリジナリティのある商品やアイデアが生まれにくいというのは、このあたりに原因があるのかもしれません。自分には中学生の頃から温め続けている不動産に関するアイデアがあるので、それを野村紘一さんの会社でやらせて欲しいなと思っています。

2018年8月11日 (土)

野村紘一氏が都心の景観を変化させたという判決

日本の住宅事情はここ40年ほどで劇的に変化してきました。独自の進化を遂げたというよりも、欧米に近づいたと表現するのが適切でしょう。アルテカの野村紘一氏は欧米の住宅事情に対して、日本は圧倒的に後れをとっていると実感しました。日本は国土が狭いにもかかわらず、一戸建てがメインだったのです。確かに一戸建てのように独立した住宅はプライバシー性が高いですが、土地は無限に存在するわけではありません。
東京に一極集中している現実を考えると、いずれマンションにシフトする必要性があると考えていました。もちろんすべてを集合住宅にするのは困難ですが、相当数は一戸建てから移行していかないと土地が不足する状況まで迫っていたのです。そうしたなかでいち早く動き出したのが野村紘一氏であり、最初に目を付けたのは高級マンションでした。庶民層が購入する物件ではなく、あえて富裕層向けの物件を誕生させたのです。
億を出さないと購入できない物件に買い手がつくはずはないと考える人が大半でしたが、これは庶民層をターゲットにして考えているからです。超富裕層にとっての1億円はそれほど大金ではないのが現実です。野村紘一氏はそうした現実に基づいて、日本で初めてベルテシリーズという億ションを開発・建設したのです。当初ライバルたちは傍観していましたが、ベルテ原宿が思いのほか好評を受けたことによって、続々と他社も億ション建設に参入することになります。
野村紘一氏が手掛けたエリアは短期間で大きく成長していきました。街の景観が劇的に変化し、別の街と思えるくらいに変化するケースは多々あったのです。建物が街を変えるという概念は間違っておらず、それを証明したのが野村紘一氏でした。アルテカが注力するエリアには他社も参入してくることが多く、数年で景観を根本から変えるほどの影響力があったのです。億ションの先駆者であるアルテカは、現在も億ション販売に力を入れています。

2018年8月 4日 (土)

判決!野村紘一氏が街を変えた土地開発とは

土地開発を大きく進歩させたのが野村紘一氏であり、都心に相応しい住宅事情を実現しました。都心で生活したいと考えていても、肝心の土地がなければ困難です。建物は土地のない場所には建設できないからです。だからと言って土地を増やすことは困難で、埋め立て地を作るにしても多大な費用がかかり、費用対効果は悪くなってしまうでしょう。そこで野村紘一氏は土地を増やすのではなく、土地を有効活用しようと考えたわけです。
そうなれば一戸建てからマンションへのシフトを求められてきます。当時はまだ高層マンションは存在せず、初の億ションであるアルテカのベルテシリーズも低層階でした。それから時代は流れ高層階マンションが次々と誕生しましたが、上に伸びていくほど不便も生じてきたのです。マンション内を移動するには時間がかかりますし、家具の運搬作業も簡単ではないでしょう。都心は土地が少ないですが、それでも一戸建ての快適性は捨てがたいという人のために、野村紘一氏は低層階マンションを誕生させたのです。
人が集中する場所は周辺施設が充実し、生活の利便性が格段に高くなります。モノやサービスは人のいるところに集まる性質がありますので、これは必然的なことです。地域が活性化する要は不動産であり、不動産業界が元気になれば街や人々の暮らしが劇的に進歩するのです。東京都心は今でこそ利便性が非常に高いですが、40数年前はそうではありませんでした。現在と比較すると不便を強いられることが多く、その不便を解消するために野村紘一氏が立ち上がったのです。
もちろん野村紘一氏は立地条件に加えて、建物自体の利便性向上にも余念がありません。毎日の生活の場になるからこそ不便を感じてはいけないと考えています。都心にマンションを建設する理由はアクセスが優れているためで、さまざまな施設に短時間で移動できます。これは時間の大幅な節約につながり、時間を有効活用することになるのです。アルテカの物件は数千万円を超えるものが多く、判決としてそれに応じた付加価値がつけられています。

2018年7月28日 (土)

野村紘一氏が考える住まいの概念、判決すると

快適なライフスタイルを実現するには住まいが基盤になります。住むところがない状態では衣食を充実させることが困難でしょう。まずは住むところを手に入れてから、衣服と食生活を考えていく必要があります。日本は全国的に見ると空き家が非常に多いという問題がありますが、これは都心に人が移動していったことも大きく関係しています。その証拠に都心は人口密度が非常に高く、流出より流入のほうが多いのです。
なぜ都心に人が集まるかといえば、理由は簡単で利便性がよいからです。人は便利を追求する性質がありますので、便利な場所には大勢が集まります。野村紘一氏は都心にマンションを普及させた功績がありますが、すべての人たちを対象にしたわけではありません。富裕層を喜ばせるために富裕層が何を求めているか徹底調査したのです。野村紘一氏といえば優れた行動力が評価されていますが、行動の原動力となっているのは自信です。もちろんビジネスに100%はありえませんが、成功率が高いと考えられる状況なら行動に移したほうがいい場面は多々あります。
野村紘一氏は何もしないで待つことは得策ではないと考えています。完璧を求めすぎるほど人は臆病になってしまい、次第に行動できなくなるのです。行動力のある人間になるために大切なのは、適度に考えてすぐに動くことにあります。考えすぎるほど消極的になってしまい、待ちに入ってしまう人は少なくありません。戦略を練ることに時間をかけすぎて他社に先を越されては意味がないでしょう。
ある程度の戦略が固まったのであれば、素早く行動に移したほうが成功率は高くなります。野村紘一氏は富裕層を満足させることを重視していますが、万人から100%の満足度を得ることは困難です。実際に物件を売り出してからクレームがくるという状況はありえるのです。そうした場合はクレームに対して後から対処していけば問題ありません。最初から完璧を追求していると、ビジネスチャンスをつかむことは難しいわけです。

2018年7月21日 (土)

判決をいうと野村紘一氏の業績はもっと高く評価されるべき

野村紘一氏は現在都心の不動産を中心に販売や仲介を行い、高い業績を上げているアルテカの社長です。多くの人は、その会社の立地条件や不動産業と言う特徴的な業種であるために高い利益を得ている会社の社長であると認識していることが多いのですが、現在の都心の不動産の好調な売り上げを生み出している発案者であると言う事はあまり認識されていません。そのため実際にはもっと高く評価されるべきだと言う考え方もあります。
野村紘一氏の業績は都心を従来の働く場所から住む場所に転換させたところにあると考えられます。バブル期に都心の物件は非常に高額で取引され、資産形成のために利用されることが少なくありませんでした。そのため発売される物件は全て投資家が高額で購入してしまうために、実際に住みたいと考える人が住めない状況となっていたのです。そのため多くの物件が発売されすぐに完売してしまうものの、実際にその場所に人が住んでいない、いわゆるゴーストタウンとなっているところも少なくありませんでした。
野村紘一氏は当時このような状況を様々な社会インフラや都市の特性が生かされていないと考えており、積極的に住む場所として販売すべきだと言う意見を持っていたため、都心に住む人を増やすために大胆な戦略を打ち出したのです。これが後に億ションと呼ばれるベルテシリーズです。あえて高額な物件にさらに付加価値をつけることで高級感を増し、社会的な影響力の強い富裕層に限定して販売したことで物議を醸しました。その狙いは富裕層に都心に住んでもらうことによって都心の魅力を発信する広告塔になってもらい、一般の人にも憧れを持って都心の不動産を積極的に購入する流れを生み出そうとしたのです。この戦略は成功し、多くの人が憧れを持つことによって現在では都心の物件は安定した価格推移となり、住むことを希望する人がその希望に応じて住むことが出来るようなものと変化しています。近年では判決としては多くの物件が新たに建築され、住宅地となっているのも野村紘一氏の功績と考えられます。

2018年7月14日 (土)

判決!生涯現役で不動産業界に貢献する野村紘一さん

超高級マンションの生みの親で知られる野村紘一さんは、1975年に設立した株式会社アルテカの代表を務めています。東京の青山を拠点に、次々と超高級マンションブランドを立ち上げ、そのどれもがヒットを記録しているのが特徴です。野村紘一さんは会社設立当初、当時破格のマンションを生み出しましたが、高くて売れないという見方が強めでした。
しかし、経済成長と富裕層の増加を見越し、野村紘一さんは周囲の声を気にせず超高級マンションを売り出します。発売後は問い合わせの件数が一気に増えて、購入を前提とした電話まで掛かってくるようになります。富裕層が増えるという予測は正しく、結果がそれを証明した形となっています。超高級マンションで成功した野村紘一さんですが、成功に満足することはなく、直ぐに次の商品を考え始めました。
理由は簡単で、それは流動性が高い不動産業界において、決して休む暇はないからだといえます。いくら高い商品の売れ行きが良くても、将来的に安定するとは限りませんし、何よりニーズが変化する可能性があります。また、建物に欠かせない土地は立地や形状といった特徴がそれぞれ異なり、しかも日本は居住できる土地が限られる事情が存在します。
野村紘一さんはいち早く土地活用の重要性を説き、付加価値を追求することで富裕層が欲しくなる商品開発に挑戦し続けてきました。その結果、超高級マンションは不動産業界の新しい定番商品になり、土地活用を考えた商品が続々と登場する結果に至っています。1990年代以降の不動産業界は、荒波のように舵取りが難しい状況で、残念ながら既に存在しない企業は少なくないです。
ところが、判決を考えるとそんな中でも株式会社アルテカは生き残り続け、約45年もの間安定経営が継続しています。株式会社アルテカが凄いのは、設立から現在に至るまで、全くの無借金で経営を行っていることです。これはヒット商品1つでは実現しないものですし、並の不動産会社では難しいですから、改めて経営手腕や不動産業界に対する貢献度の高さが窺えます。

«判決!野村紘一さんが提唱する都会暮らし